小さな試合が 全日本選手権ロードレース申し込み資格獲得​大会に指定されました

日本自転車競技連盟からプレスリリースが発表されました。
http://jcf.or.jp/?p=57739

http://jcf.or.jp/wp2012/wp-content/uploads/downloads/2018/02/AJR180126a.pdf

私たちが組織している小さなステージレース 2days race in 木島平村が
全日本選手権ロードレース申し込み資格獲得大会に指定されました

3年連続になります。
大会上位選手には全日本選手権ロードレースへの出場資格が付与される23の大会の一つです。

U-23の大会の多くが、出場資格が制限されている大会です。
国際大会のようにUCIコンチネンタルチームしか出場できないとか、
国民体育大会のように1県から2名しか参加できないとかという制限がついています。

私たちの小さなステージレースは出場参加資格をJCF登録以上としています。
土曜日に個人タイムトライアル6.8km とロードレース81km
日曜日には128kmのロードレースです。
今年から 補給モトが集団後方を走ります。
海外の試合で普通に見かける、集団後方まで下がってエースのためにボトルを運ぶ
こんな風景を実現させます
自信と勇気があれば 挑戦するに値する試合と考えています。
各大会HPを参照ください
http://kisomura2days.com/

レースディレクター・藤森

過去の大会成績を更新しました

過去の大会成績に木島平村2017の成績を追加しました。

当時のシクロワイアードの記事へのリンクも貼りましたので、昨年のレースの雰囲気を感じて今年のレースの参考にしてください。

過去の大会成績は上記メニュー(スマートフォンの方はメニューボタンをクリック)にあります。

カタール&オマーンのお話6:コンバッティヴィティ・ジャージ(敢闘賞)

2014年のツアー・オブ・カタールとツアー・オブ・オマーンに審判としていかれていた藤森氏のコラムです。カタール&オマーンのお話。前回で最終回だと思っていたのですが、続きがありました。

第6回目は、ツアー・オブ・オマーンのコンバッティヴィティ・ジャージとレース賞金のお話です。

ツアー・オブ・オマーンのコンバッティヴィティ・ジャージと2days race in 木祖村のグリーンジャージの関係はいかに?今回もなかなか興味深いですよ。ぜひ、ダウンロードしてご覧ください。

06コンバッティヴィティ・ジャージ(敢闘賞) (PDF)

 

カタール&オマーンのお話5:カタールとオマーンいろいろな話

2014年のツアー・オブ・カタールとツアー・オブ・オマーンに審判としていかれていた藤森氏のコラムです。カタール&オマーンのお話第5回目は、カタールとオマーンいろいろな話。

今回も色々な裏話が盛りだくさんです。参照資料(個人総合成績計算)付きですよ。記事とこちらもダウンロードして、一緒にご覧ください。

05カタールとオマーンいろいろな話 (PDFファイル)

個人総合成績計算 (PDFファイル)