【ご報告】木島平村2021大会を中止します

お世話になった皆様方に

                        2days race in 木島平村 実行委員会

                        レースディレクター 藤森 信行

                             2021年9月16日

     2days race in 木島平村2021大会中止について(報告)

2021年10月02-03日開催予定の2days race in 木島平村2021につきまして、実行員会、地元木島平村他で協議した結果、新型コロナウィルスの都市部での感染状況、村内でのワクチン接種状況を受けて、村民の安全、健康を維持するため、2021年の大会を中止することに決定しました。

 2016年のがけ崩れで開催場所を失った2days raceは途方に暮れていました。そんな私たちを温かく迎えて頂いた木島平村に、多少なりとも恩返しができるかと思い2days race in 木島平2021の開催を計画しました。HPを立ち上げてたくさんのチームが参加表明をしていただきました。

 一方、全国の新形コロナウィルス感染者数はオリンピック直前から急増を続け、第四波といわれた2021年5月の患者数の4~5倍の患者数となりました。この事態を受けて 長野県では「命と暮しを救う集中対策期間」における対策の強化を8月30日に発令いたしました。その中以下の強い要請が含まれておりました。県境をまたいだ移動の取りやめの強い要請、イベント、スポーツ大会のできる限り中止、延期の要請です。

 ワクチン接種率は全国民平均で60%に達しているものの、若年層を中心に未接種の国民が多数いる状況です。2days race in 木島平村に参加を計画している選手たちは、この若年層にあたります。2day race in 木島平村を迎え入れる木島平村の若年層のワクチン接種はこれからです。

開催を強行した場合、村民の方々の安全と健康が脅かされる事態となっていると判断して、2021年の開催を断念します。

すでに参加費を振り込んでいただいたチームには参加費全額を返還します。2days race in 木島平村個人総合20位以内に与えられる予定であった、2day race in 木祖村2022参加優先枠を木島平に参加表明していただいた全チームに与えます。2days race in 木島平村2021に参加表明していただいたすべてのチームに、2days race in 木祖村2022の参加優先枠が与えられます。厳しい状況でも2days race in 木島平村に参加表明していただいたチームへのせめてもの恩返しです。

 どうか、ワクチン接種が進んで、新しい変異株などを抑え込んで、患者数が減少して 2022年こそ自転車競走に心配なく参加できるようになることを祈ります。

エントリーリストの公開

エントリー締め切り日が到来しましたので、エントリーリストを公開いたします。
エントリーをいただいたチームの方は内容に間違いがないかご確認をお願いいたします。

現在14チームのエントリーとなっていて、参加上限まで余裕があります。
追加でのエントリーは受け付けておりますので、エントリーシートを送付ください。

~エントリーをされているチーム担当者のみなさま~
現在エントリーをしているジュニア選手については全員参加を認めます。ジュニア選手に対しては、ギア比コントロールを実施いたしますので、バイクの調整をお願いいたします。

また、選手のライセンスコードについて明らかに不備と認められる選手について以下の措置をしています。エントリーシートとライセンスナンバーが異なる場合で以下に該当している場合は事務局で直しておりますのでご了承ください。

・ライセンスコード(11ケタ)が足りない
 以前木島平村のレースにエントリーしている選手については、過去の資料にあったライセンスコードを今回のエントリーシートに反映させています。

・ライセンスコードの4ケタめ(年齢カテゴリー)が生年月日と一致しない
 ライセンスコードの4ケタめがU(U-23)、J(ジュニア)の表記がある選手で生年月日が当該カテゴリーと一致しない選手は生年月日に応じたカテゴリー(23歳以上は一律E)に読み替えをしています。U-23対象者の選別を行うための措置です。

大会要項の更新・エントリー期限などのご案内

シニアレースの大会要項を更新しました。主な変更点は
・マヴィック社の支援を要項に反映
・参加チームの上限を35→30に変更
・同一母体から複数チームのエントリーをした場合の注意事項の追加
以上の3点です。

なお、シニアレースのエントリー締め切りは8月25日となっております。
エントリーを検討されているチームのみなさまは駆け込みでのエントリーと
ならないように留意を願います。

*ジュニアレースについては、締切が9月15日になっております。
 お申し込みは期日までに、参加費の振り込みは第二次の開催可否をします
 9月23日以降にお願いいたします。

木島平大会2021開催決定!

2020年の木島平大会と2021年の木祖村大会が中止になり、しばらくレースが行われておりませんでしたが、木島平大会については、新型コロナウイルスのワクチン接種状況や感染者数等を考慮し、現在開催の方向で準備を木島平村側担当さまとも協議をしております。ひとまず、現在時点での要項及びエントリーシートを掲載いたします。
今年の木祖村大会で想定を超える申し込みがあり、受付自体をお断りした経緯もあることから、エントリー数の状況については一定の申し込みがあった場合にお知らせすることとします。そして、先着順で35チームまでの応募とします。お申し込みを希望される場合は早めのエントリーをお願いいたします。

なお、本大会開催予定日の他レースの開催状況は(8/25現在)
JBCFあざみヒルクライム、JCF予定なし、JICF予定なし、JCF全日本マウンテンバイク、三重国体 となっております。

2days race in 木祖村 2021 開催中止のお知らせ

開催まで2週間を切りました2days race in 木祖村2021ですが、開催を中止することといたしました。大会ディレクターの藤森からのメッセージを掲載いたします。

        2days race in 木祖村2021開催断念について

                          2021.05.09

                          2days race in 木祖村2021

                          レースディレクター藤森信行

 2015年の崩落後来 ようやく木祖村に帰ってくることができると計画していた 2days race in 木祖村の開催を断念します。

2020年木祖村が財源をやりくりして開催に向けて、コース上の各所に落石防護施設を施工していただき、側溝の再整備などを実施していただきました。私たちも正月から大会の告知募集を開始して予想以上のチームが大会参加を表明していただきました。リーダージャージャージも新しいデザインに変更して、開催準備を進めてまいりました。大会を支えて頂いている医療関係者から、防疫処置についてたくさんのアドヴァイスをいただき、防疫用の備品も購入しました。大会準備に係る木祖村に戻って2days raceを開催したいと願ってまいりました。

一方、コロナウィルス感染者数は、特に感染力の強い変異種ウィルスは、4月に入って急激に増加し続けていました。4月末に東京、京都、大阪、兵庫に緊急事態宣言が発令されても感染者数は増え続けました。連休中に、更に、愛知、福岡を追加して5月末まで 緊急事態宣言の期間が延長されました。蔓延防止等重点処置も千葉、神奈川を含む8県に拡大されて 5月末までを実施期間としております。

 国民の命と健康を守るために都府県を超えた不要不急の人の流れを極力抑えることを政府は国民に要請しています。都市部と比較して相対的に医療体制が脆弱な地方部では大規模感染が発生した場合より重篤な事態に至ることが予想されるからです。

 2days race in 木祖村の参加者は選手、チーム役員、審判、メディアの約半数が緊急事態宣言、蔓延等防止策が発令されている地域からの方々です。長野県外からおいでいただく選手、チーム役員、審判、メディアがほとんどを占める大会です。村民の命と健康を危険に晒すことはできません。2021年の大会開催に向けて木祖村がこれまで実施していただいた支援に対して 私たちができることは 2021年の開催を断念することであると判断いたしました。

なお、支払い済みの参加費は全額返還します。

2022年こそ、安全な環境で試合が安心して開催できることを願います。